10倍!?パレットトークン上場価格と絶対負けない戦略。今後の値動きは?【コインチェックIEO】

スポンサーリンク

*この記事は投資を促すものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。

2021年7月29日12時00分、ついに国内初のIEOパレットトークンが上場しました。
先日の記事にもあったように、抽選当日は荒れに荒れ、2日遅れの上場となりましたが、今回は無事に予定通りいきました。

日本国内の仮想通貨ニュースの中では一大イベントの結末は如何に?
そして、今後の戦略はどうすべきか?

「絶対に負けないトレード戦略」を紹介するとともに今後を考察してみましょう!

パレットトークン取引開始後の値動き

平日の真昼間からこのお祭りは始まりました。上場後はかなりの確率であがるのがこのIEOなのですが、いろいろあったことを踏まえ実際にどうだったのか?

この通りです。

10倍、、、笑

12時ちょうどのリアルタイムの板の映像をYouTubeで見たのですが、まず売り注文がしばらくずっとゼロの状態が続いておりました。なので、値が付かないままひたすら買い注文の価格が上がる一方の状態が続いておりました。

コインチェックにはストップ高のような仕様があり、5分で最大で50%上昇するという設定だったそうです。そして、どんどんあがり続けた買い注文がやっと下がりだしたのが、46.129円。そこからは一気に落ち、15円まで落ちました。
以前の記事通りの爆上がりからの爆下がり、の流れでした。

その後再度上昇からの下落をしましたが、20円でいったんは底打ちをし、その後少し上がりましたが徐々に下がり続けました。深夜にかけてまた少し上昇し始めたようですが、ボラティリティも少なく、迷いながらのような状態で初日を終えたような印象です。

結論、オリンピックよりも面白いお祭りでした。

*コインチェックより今回のIEOに関するプレスリリースが発表されておりました。

Palette Token、申込金額が224億を突破
~ 申込倍率は24.11倍、取扱い初日は最高で販売価格の約11.5倍を記録 ~
(コインチェックプレスリリースより)

今後の値動きは?

まだ始まったばかりでまったく今後の値動きは予想できないですが、個人的には、しばらくはズルズルと下がるもしくは横ばいが続き、その後どこかでもう一度上がってくるのではないかなと考えております。
その理由として、国内初のIEOということで失敗の許されない中、主催者側であるハッシュパレット(パレットトークンの発行元)やコインチェックが、なにかしら上場後の戦略も持ってるのではないかと思うからです。

上場後、なんのニュースもないまま終わることはないと思いますし、そのニュースが期待外れだとそれはそれでまた非難を浴びてしまうので、それなりの隠し玉があるのではないかな~と勝手に思っています。

実際にパレットトークンの公式Twitterではこんなツイートが上場前につぶやかれています。


なので、このまま終わるとは思えないな~と個人的には思っています。
ですが、あくまで個人的な意見ですのであまり参考にはしないでください。

絶対に負けないトレード戦略

そんな先行き不透明なこのパレットトークンですが、今のうちに「絶対に負けないトレード」を行うことができます。それが「原資抜き」と呼ばれる方法です。
「原資抜き」とは、ある程度利益が出ている段階で、買った価格分の利益だけ先に売ってしまうという方法です。

例)パレットトークンが仮に20円だった場合
■買い 1000PLT×4.374円=4374円(IEO一口あたりの値段)
■売り 220PLT×20円=4400円
こうすることで、初期費用(原資)としてかかった4374円以上の価格(4400円)で一度売っているので、残りの780PLTはいくらになろうと決して損はしなくなります。

これが原資抜きと呼ばれる方法で、負けないトレードをする方法となります。

特にパレットトークンの価格が現時点(2021年7月30日)では20円以上なので上記の方法が可能です。

今後どのような動きをするか全くわからないIEOだからこそ、原資抜きをしておくことが賢明な判断と言えると思います。

カナガワの今後の戦略

前回の記事でも書きましたが、ボクの今後の出口戦略は、引き続き「ガチホ」です。笑
先ほど書いた原資抜きも行っておりません^^;

全く説得力がなくなってしまいますが、間違いなく原資抜きをしたほうが心理的な負担もなく、良いです。

ただボク個人としては、一種のお祭り感覚だったので、現時点ではまだ原資抜きはしなくていいやと思っています。パレットの価格が30円台くらいの時にとても悩みましたが、だめで元々だと思い、結局お祭り気分を味わうことにしました。
1PLT=100円くらいになることを夢見て、初日を終えることにいたしました。

将来このブログを見て大後悔をするのか、大喜びをするのか、それも含めて楽しんでこのIEOの行方を見ていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました