【仮想通貨】ビットコインとは?漫画のようなその歴史と始まり

「ビットコイン」というワードはよく聞きます。
その際、みなさんはどんなイメージがありますか?「ああ、あの仮想通貨のね。」と思う方が多いと思います。

ではその「仮想通貨」と「ビットコイン」の違いは何でしょうか?意外と「ビットコイン=仮想通貨」と考えている方が多いのではないかと思います。

実は違うんです。

「仮想通貨」という通貨には数千種類を超える種類があり、ビットコインはあくまでそのうちの一つ。では、なぜこれほどまでに「ビットコイン」のみ注目されるのでしょうか。

少しビットコインの起源にさかのぼり、その謎を紐解いてみたいと思います。

仮想通貨とは?

「仮想通貨」とは、読んで字のごとく、デジタル(バーチャル)マネーと言われ、いわゆる紙幣や硬貨のない、ただの「電子データ」です。いわゆるsuicaやPASMOのような電子マネーと同じようにただのデータです。
ただ、これらのものとは少し一線を画すので、ここでは「仮想通貨はただの電子データだ」とだけ覚えておいてください。

「ビットコイン=仮想通貨の起源」

ではこの「仮想通貨」ですが、いったいいつから登場したのでしょうか。
先ほど「仮想通貨=ビットコイン」ではないと書きましたが、実は、このビットコインこそ、仮想通貨の「起源」なんです。
つまり1番最初の「仮想通貨」です。

その歴史を紐解くとめちゃくちゃ面白く、まるで漫画のような歴史がビットコイン、そして仮想通貨にはあります。
ボクが仮想通貨にはまった理由は実はここにあります。

歴史が浅く、まだこれからどうなるかわからない、その「始まり」の歴史を体験できるという点に、とても興味を持ち、いろいろ調べてみました。

そして、このビットコインですが、もう始まりの始まりから、まるで漫画のような展開でスタートします。

その始まりは、2009年に遡ります。

今私たちが当たり前に使っている「お金」に全く新しい形が誕生します。それが「仮想通貨」です。

ですがこれはただの「電子データのお金」ではなかったんです。それだけならsuicaやPASMOと同じです。
この「仮想通貨」はブロックチェーン(解説記事)という最新技術を使って生まれた新しい形の通貨で、国が発行している通貨ではないのです。

今世の中にある、私たちが生活で使う通貨と呼ばれるものは、どれも国が発行しています。だからこそ、そこに価値があると信頼でき、モノと交換できるんです。

ですが、この「仮想通貨」は国が作っているわけではないのです。

では誰が作ったのでしょうか?

2009年、「Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)」と呼ばれる人物が突如として、英語で論文を出します。

そこには、仮想通貨の概要と、どういう意図で作られたかといった内容が書かれていました。
では、この「サトシ・ナカモト」とはいったい何者なのでしょうか。
これを読んでいるほとんどの方は、日本人だと思うと思います。

ですが、この「サトシ・ナカモト」がだれかというのは、実は「だれも知らない」んです。

そう、この情報社会の現代において、いまだに、正体不明の謎の人物のままなんです。当然、日本人かどうかもわかりません。

こんなことあるの??

とボクは思わず思ってしまいました。

世界中の人間がこぞって正体を突き止めようとしましたが、結局わからず。
しまいには、「我こそがサトシ・ナカモトだ」と名乗る人物も出てきましたが、すべてデマという状況のまま、2021年を迎えています。

この時点で、もはや漫画です。

しかもその仮想通貨の理念が「国に管理されない通貨があってもいいじゃないか」というもので、まるで少年漫画の第一話にぴったりの設定です。

「国の通貨VS庶民の通貨」

この図式から始まる壮大な仮想通貨の歴史が、2009年に始まりました。

歴史を変えた「2枚のピザ」

さて、そうして生まれたビットコインですが、当然はじめは全く価値のないもので、ただパソコン好きの世界中のオタクたちが遊び半分で扱われていました。
そんなビットコインに初めて「価値」がつく歴史的な日があります。

それが「ビットコイン・ピザデー」です。

この日、史上初めて一万ビットコインが2枚のピザと交換されました。
この瞬間、ビットコインに「価値」が生まれます。

ここからビットコインには価値がある、と言われ徐々に現実とつながっていくわけです。

今では最高値400万を超える1ビットコインですが、始まりはたったのピザ2枚。
この時ピザを売ったピザ屋さんは、2枚のピザを400万円×10,000枚で売ったということです。
果たして現在まで持っているかはわかりませんが、先見の明があり過ぎですね。

このようして、漫画「ビットコイン」の第一話がスタートしました。

どうでしょうか?なかなかロマンがありますよね。
まるでグランドラインを目指すワンピースのような仮想通貨の大航海が始まります。

少しずつですが、その歴史についてもブログで書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました