【仮想通貨】やっと来たよ、ビットコイン大暴落。暗号資産の買い場到来?

先日、ついに仮想通貨の大暴落がきました。
チャートを見ていくと、雲行きが怪しくなってきたのが、4月25日に5万ドルを割ってきたあたりから。5月12日5月19日の2回、記録的な暴落が起こっています。そして5月24日にもう一度下げてきて、ついに最高値から大幅な下落で週足チャートが確定しました。
5月の残り1週間での月足チャートがどう終わるかで、今後が決まってきそうです。

後からならいくらでも言いたいことが言えるのがこの相場市場ですが、このワンコインマン、始めてからずっと待っていた暴落がついにきたので、このC級トレーダーはこの暴落をどう見ていたか、書いていきたいと思います。

あくまで素人意見です。投資は自己責任で。笑

暴落の終わりはまだ不明

まずこの暴落、どこで終わるかはまだ全然わかりません。現在執筆時点(日本時間:5月24日午前10時)では3万5000ドルです。

今後のパターンとしては、

①いきなりV字回復するパターン
②しばらく一定のレンジ幅を推移して上がる
③しばらく一定のレンジ幅を推移して下がる
④さらに落ちていくパターン

この4パターンのいづれかですが、どれになるかはさっぱりわかりません。
多くのトレーダーさんがチャートパターンやプライスアクションを見て判断しています。

ただ、半年間仮想通貨のチャートを見て思ったのが、これを当てるのってあまり意味がなく、いろいろなパターンを想定して、その時にどう動くかを考えておけば良いだけかなと思います。結局上がるか下がるかは「神のみぞ知る」わけです。

なので、どうなるかなーというのを観察しつつ、自分がどう動くかを考えている日々です。

この暴落の中、いったん買い増し?

この暴落はいったんの調整ですぐに上がる、仮想通貨バブルの崩壊で当分は上がらない、などなど賛否あるかと思います。

どちらかはわからないのですが、ボクとしては、いったん買い場が来たと考え、少し買い増しをしました。

その一つの指針として「フィボナッチ・リトリートメント」という一つの指標を使って、頂点から50%、61.8%くらいまで落ちてきてから買ってみました。フィボナッチは普段から使っている指標ではないのですが、暴落の一つの指標として今回使ってみました。

まさか61.8%までこんな一瞬で達すると思いませんでしたが、個人的にはひとまずこの上がり続ける相場がいったんは終わって一安心です。というのも、終わりが見えなかったので、ここ数か月ビットコインに関しては「ただ見ているだけ」しかできなかったからです。

今後仮想通貨の価値自体がゼロになったら終わりですが、その可能性は低いと考え、今回買い増し。もちろん今後さらに下がってくることもあるかと思いますので、その時はその時で買い増しするというように、長期的な目線での買い増し期間としてとらえてます。

今後どうする?バブルは終了か?

個人的には、今回の下落からV字回復は難しいかなと思っているので、いったんのお祭りモードは終了と考えてます。ある程度までは回復しても、最高値更新はすぐには難しいかなと。

なので、個人的にはもう一段下がってほしいなと思っております。いよいよ2万ドルくらいにならないかな~と。そこまで落ちたらさすがに超長期目線にはなってきますが、今は買い場が来れば来るほどよいなと思っております。

もちろん、短期で利益が出ないので、財布は寂しい気もしますが、それはそれでビットコインFXなどで稼いでいけばよいと思っています。

つい数か月前まで、いろいろな投資家が様々な意見を言っていました。

・仮想通貨バブルはもうはじけない
・仮想通貨は今年中に1200万円行く
・必ずバブルははじける

今思うと、バブルの真っ最中にこういった話を聞くのと、バブルの崩壊後に聞くのとでは、全然受け取り方が変わりますね。真っ最中だと、本当に暴落する気が起きませんし、はじけた後だと「ほーらね」と、いくらでも高見の見物ができます。

なので、今後もどうなるかは誰にもわからないし、当てることが凄いのでなく、その中でどう生き抜いていくかしっかり考えていかないとなと、改めて思わされた今回の暴落相場でした。

それでは今後の値動きを楽しみにしながら、また6月からの相場を見ていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました