【画像で解説】超高回収率”Police and Thief Game”の始め方・やり方【NFTゲーム】

スポンサーリンク

コインチェック

またまたNFTゲームの紹介です。といってもこれはもはやゲームではなく、ステーキングのみという感じなのですが、うまくいけば開始1週間以内に原資回収が可能なので、さっそく紹介したいと思います。

が、こちらはまだ日本語の情報も少なく、正確なルールなどはボクもわからずやってます。
なので、不確かだけどちょっとかじってみようかな~という方のみ、ご参考にしてください。

そのゲームの名は“Police & Thief Game”。「警察と泥棒」、、ドロケーですね。

*現在(2022/1/14)すべてのPoliceとThiefが売り切れPhase 2への準備期間となっているそうです。また情報があり次第更新します。

Police & Thief Gameとは?

Avalanche Chain上で動いているNFTゲームです。
プレイヤーはまずはキャラクターをミントしますが、この際、90%の確率でThief(泥棒)10%の確率でPolice(警察)が当たります。
そして手に入れたキャラクターをステーキングしておくと、勝手にお金が増えるというものです。つまり操作はゼロです。ボムクリプトのように「Rest」にしたり再度動かしたりする必要もありません。完全放置です。
ThiefとPoliceで当然役割が異なり、WHITE PAPERの内容をざっくりと最後にまとめておりますのでそちらを参照ください。
この記事では主にAvalanche Chainの設定からPolice and Thief Gameの始め方を解説します。

初期費用は?

まず初めにLootというトークンでPoliceもしくはThiefのキャラクターを買う必要があります。
現在(2022/1/9時点)ではすでにGen0~2までは売り切れており、現在はGen3が販売しています。こちらは1体60000Lootで購入可能です。ちなみにGen2の20000体は1週間も経たずに売り切れてました。

この60000LOOTが高いか安いかですが、こちらはLootの価格によってだいぶ変わるので、一概には言えません。たとえば、ボクがGen1を買った際には、20000Lootでしたが価格が今よりはるかに高かったので、7万円くらいで買ってます。なので、一概に60000Lootだから高い、安いとは言えませんので、その時々の価格と相談して参入すると良いと思います。

いくら稼げる?メリットは?

さて、そんなPolice and Thiefですが、いったいいくら稼げるのでしょうか。
ここ数日運用してみた結果、なんと1日に10000Lootほど回収できています。
現在は価格が下がってしまい原資回収できておりませんが、単純なLoot量だけで言えば、2日で回収できました。現在60000Lootですので、6日で回収可能です。

これまでのNFTゲームの中では圧倒的に回収率が速いですね。ただ、当然ですがこのペースが今後も続く保証はありませんので、あくまで現時点でのペースとお考え下さい。

さらに、冒頭ですでに書いたように、こちらのゲームはやることがありません。ここが最大のメリットで、ただ預けておくだけでOKですので、一切手間をかけずにLootが増えていきます

Police and Thiefの始め方

ではここからは実際の始め方について以下に記載していきます。
すでにある程度完了している段階のある方もいるかとおもいますので、その場合は飛ばして読んでいってください。

以下のやり方ではコインチェックなどの「国内取引所」の口座とバイナンスという「海外取引所」の口座が必要です。
①国内取引所で暗号資産購入→②バイナンスへ送金→③AVAXの購入 以降の手順となります。
①メタマスクの準備
②メタマスクにAvalanche Chainネットワークをつなぐ
③メタマスクにAVAXを入れ、Lootを購入する
④Police and Thiefのホームページでキャラ購入

という流れです。
なので、メタマスクの慣れている方などはもう今すぐゲーム開始可能です。

①メタマスクの準備

こちらは以前メタマスクの設定・使い方を記事にまとめておりますのでコチラを参照ください。
【画像付き】メタマスク(MetaMask)の登録方法とメリット【暗号資産管理】

②メタマスクにAvalanche Chainネットワークをつなぐ

このあたりからさっそく意味が分からなくなるので、次の説明はざっとこんなもんかと流していただき、設定だけ機械的に実施していただければ大丈夫です。
メタマスクはもともとイーサリアムチェーンと呼ばれるブロックチェーン上でのやり取りが初期設定とされています。ですが、このPolice and ThiefはAvalanche Chain(アバランチ・チェーン)と呼ばれる別のブロックチェーン上で動いているため、メタマスクにこのAvalanche Chainともやり取りできるようにする設定を加える必要があります。
この設定は特別なことではなく、いろいろなブロックチェーンが出てきている中、良く求められるので、今後のためにも今のうちに設定いただくと良いと思います。

ではその設定方法ですが、とても簡単ですのでサクッと終わらせてしまいましょう。
*Google Chromeの拡張機能から行っております
①メタマスクを開き「イーサリアムメインネット」をクリック

②「ネットワークの追加」をクリック

③各項目に以下の情報を入力し「保存」を押して終了

ネットワーク名 Avalanche C-Chain
新しいRPC URL https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID 43114
シンボル AVAX
ブロックエクスプローラーURL https://cchain.explorer.avax.network/

ちなみにこちらが実際にボクが設定している画面です。

③メタマスクにAVAXを入れ、LOOTを購入

メタマスクをAvalanche Chainにつないだら、次にこちらにAVAXというトークンを送ります。

バイナンスからメタマスクに送金する場合のネットワークを必ずAVAXCという形式で送ってください。

AVAXがメタマスクに入りましたら、LOOTをメタマスク上に表示させるようにします。
以下の手順で表示させましょう。
①コインマーケットキャップのLOOTを検索
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/police-and-thief-game/

②エクスプローラーをクリックし、コントラクトアドレスをコピー

③メタマスクの「Import tokens」をクリックし、コントラクトアドレスを貼り付け
*この時メタマスクは、先ほど設定したAvalanche Chainに切り替えておいてください

この際に、自動でトークンシンボルやトークンの10進数が入力されるので、Add Custom TokenImport Tokensを押して追加します。

これでLOOTがメタマスク上に表示されます。

④LOOTを購入
続いてLOOTを購入していきます。まずはPolice and Thiefの公式ホームページにいき、MINTINGを押します。

BUY $LOOTを押すと、AVAXとLOOTを交換(Swap)できるtraderjoeという取引所に飛びますので交換します。
*自動的にLOOTを表示させるようなポップアップが現れるので、同意してLOOTを表示させます。こちらのポップアップが出てこない場合、キャッシュクリアなどしてみるとよいです。

そして購入したAVAXとLOOTを交換して準備完了です。
 

④Police and Thiefのホームページでキャラ購入

公式ホームページ(https://policeandthief.game/)の「MINTING」のページにに行き、右上のWalletをつなぎます。

そして、左側の[+/-]で数量を選択し、MINT NOWを押してミントします。

メタマスクが立ち上がり確認を押します。

しばらく待つと、ミントされるので、画面下部のCONTINUE」を押します。似たような画面が2回出てくるので2回押します。
*このMINTの時点で、10%の確率でMINT失敗の可能性があるそうです。(正確にはステーキング中のPoliceに盗られる)WHITE PAPER読んだボクの解釈なので間違えていたら教えてください><

ブログ用にポリスが欲しくてもう1体購入してみましたが、やはりThiefでした、、、笑

⑤キャラクターをSTAKINGして終了

最後に、MINTしたキャラをSTAKINGに出してあとは放置です。
TOP画面のHEIST[STAKING]というボタンを押します。
*HEISTは「強盗」という意味です

そしてUNSTAKEDというボタンを押し、ステーキングするキャラクターを選択→STAKE SELECTEDを押して完了です。

再度メタマスクが立ち上がるので確認ボタンを押してまたしばらく待つとSTAKEDにキャラが移動します。


あとは自動で下のLOOTの量が増えていきます。
まだやったことはないのですが、最低2日しないとUNSTAKEできないそうです。

開始までの流れは以上となります。
実際のCLAIMの仕方などは今後自分でやってみた後に、追記していきたいと思います。

PoliceとThiefの仕様について

ここからはWHITE PAPERを基に理解したThiefとPoliceのそれぞれの仕様を解説していきます。
ボクの解釈となりますので、間違いがありましたら申し訳ございません。みなさんも一度確認してみてください。

Thiefについて


↑こちらはざっと以下になります。



Policeについて



↑こちらはざっと以下になります。


Policeの回収比率があまりわからないので何とも言えませんが、Policeは基本安全に運用できそうな仕様ですね。

LOOTについて


↑こちらはざっと以下になります。


10%の確率でMINT失敗というのがかなりつらいですよね。。。

今後について

まだボクも始めたばかりであまり情報を追えていないのですが、Gen1が売り切れてから、Gen2は1週間も経たずに売り切れましたからGen3もおそらくすぐに売り切れると思われます。そうなった際に、また次の展開が見えてくるかもしれません。
Stakeが最大に達した後はどうなってしまうのか、今の回収率がどれくらい続いていくかなど、経過がわかり次第更新していく予定です。

投資は自己責任でお願いいたします。

コインチェック

コメント

  1. slegend4173 より:

    いつも情報ありがとうございます。Police and Thief Gameの設定をやっているのですがPCでもスマホでもプレイ(設定)可能なのでしょうか?

    AVAX購入しメタマスクまではいれました。MINTINGのところがうまくいきません。まずポップアップ画面が出てきません。それとtrader joeという取引所も見当たりません。キャッシュもクリアしたのですがだめでした.なのでLOOTが購入できてません。キャラ売り切れのため当面購入できないようになっているのでしょうか?
    どのように対処すれば良いのかご教授頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

    • カナガワ カナガワ より:

      ご質問ありがとうございます。
      おそらくメタマスクを入れれば使えると思いますが、スマホでは試したことがなく、申し訳ございませんがお答えできかねます。お力になれずすみません。
      MINTINGの下の【BUY LOOT】というボタンを押すと、現在はPangolinというサイトが立ち上がりLOOTの購入が可能です。
      現在はtrader joeではないようです。情報が古く申し訳ございませんでした。
      また現在はキャラクターが売り切れておそらく何も購入できないため、次のフェーズが明らかになるまでは特になにもしないほうが良いかと思います!
      次にどんな仕様になるのか全く分からないためです。よろしくお願いします。

      • slegend4173 より:

        了解しました、ありがとうございます。他のNFTゲームで頑張ります!

        • slegend4173 より:

          すいません教えてください。今メタマスクにあるAVAXをバイナンスへ送金するには、ネットワークはバイナンス側はAvalancheなのかAVAXC-Chainなのかどちらでしょうか?
          メタマスクはAvalancheC-Chainとなっています。よろしくお願い致します。

                                          

          • カナガワ カナガワ より:

            お返事が遅くなり申し訳ございません。
            基本的にメタマスクに送った時と同じネットワークで送れば大丈夫ですので、ボクの記事と同じやり方でしたらAVAXCで送れば送金できると思います。
            ですが、動作保証はできかねるので、一度にすべて送る前に、一度少額でテストいただいてから残りの金額を送金することをお勧めいたします。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました